亀田大学

亀田大学

- Category -

♪ sound sample3:「BALLAD」



〜 基礎 : 指弾き時の基本フォーム 〜

コード弾きは親指と人差指で爪弾いてます。まさに"つまむ"感じです。通常の2フィンガー奏法では、指の腹を弦にしっかり当て、どの弦に移動しても音量や音質が変わらないように訓練することが大事! 亀田の場合、右手のフォームを安定させ、ほかの指に余計な力が入らないよう、鉛筆を軽く握って練習しました。2フィンガーは、とにかくタッチに意識すること! あとは、人差指と中指を交互に弾く"オルタネイト"が基本となります。




〜 実演・応用 : メイン・メロディ解説、ハーモニックスの可能性 〜

ここでのポイントは"間合い"です。グリスやスライドなどを駆使して、リズムマシンが鳴っているなかでも"柔らかく"繋いでいく。また、ルートとメロディを同時に押弦していますが、指の届かない場所で右手のタッピングを取り入れています。"メロディを弾くためにこの音がほしいんだ!"という解釈でこういったワザを取り入れると可能性が広がりますよね。オープニングとエンディングでは、7フレットから6フレット押弦に移動するハーモニクスを出しています。








(取材・文章: 近藤 隆久/ベース・マガジン)

  • Back
  • More


Theme