亀の漫遊記

2015.06.27

- Live -

今だからできることがきっとある~『Journey back Home 「こころの旅」2015』


来月7月13日、東北復興支援のライブをやることになりました。
僕はバンマスをやります。

スクリーンショット 2015-06-13 23.31.55.png

今年で3回目のこのイベントは
震災の年2011年の7月にJ-WAVEナビゲーターでおなじみの
レイチェル・チャンさんが立ち上げました。
谷川俊太郎さんの詩を朗読し、素晴らしいミュージシャンが集まりました。
そして、2回目には、ATSUSHI君が参加することに!
音楽と朗読と舞(ダンス)が一つになりました。


そしてついに、今年の7月13日に、『Journey back Home 「こころの旅」2015』
と題して第3回目が開催されます。
そもそも、レイチェルと ATSUSHI(Dragon Ash)と3人で、
一昨年あたりから「何か一緒にやろうよ!東北に向けて、今だからできることがきっとあるはず!」と話していたのですが
ご縁です。ようやくタイミングがあいました。
音楽でつながっている僕たちの仲間が集まります。

大好きなSalyuちゃんは「声」で
東京事変のバンドメイト(笑)の伊澤一葉は「鍵盤」で
ap bank fesからずっとご一緒している、四家卯大さんは「チェロ」で
ATSUSHI君は、「津軽三味線」の柴田雅人さんを連れてきてくれました。

東北の岩手県大槌町の「赤武酒造」さんは、美味しいお酒を提供してくださいます。

もちろんレイチェルは、谷川俊太郎さんの詩を朗読します。

そして、今回「Journey back Home のテーマソング」を、
心をこめて僕、亀田誠治が書かせていただきました。
みんなの心の中にあるふるさと、そのふるさとへ向かう旅路を
イメージして作りました。
WEBのトップページでちょこっとだけ聞けますよ!
もちろんライブ当日も生演奏します。

ブルーノート東京に集まってくださったみなさんのこころの旅が
東北まで届きますように!

  • Back
  • Back to Blog Top