「Music STREET LIVE」in TOKYO DESIGNERS WEEK 2013レポート
10月26日(土)、27日(日)、11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝)
 東京都明治神宮絵画館前「東京デザイナーズウィーク2013(以下、TDW)」にて、10月26日(土)〜27日(日)、11月2日(土)〜4日(月・祝)の5日間に渡って行われた、亀田誠治プロデュースによる「Music STREET LIVE」が大盛況で幕を閉じた。
 建築、インテリア、プロダクト、グラフィック、アートと、優れた生活デザインとアートが世界中から集結。今年で28回目を迎える、国際的なクリエイティブイベント・TDW。「デザインとアートが織りなす空間を、ストリートライブから流れてくる音楽の波動で繋げたい」とストリートライブの開催を亀田が提案し、会場内に設置した野外特設ステージに、自身の選出による新たな才能、60組あまりのアーティストが集結。5日間に渡り、素晴らしい音楽が途絶えることなく会場を訪れる人々を包み込んだ。
「未来の日本の音楽シーンを背負って立つような音楽家たちをノージャンル、ノーカテゴリでお声掛けして、ストリートライブを行っていただきました」(亀田)
 会場中央にあるTDWのオブジェのもと、バンド編成でダイナミックなライブが繰り広げられる「シンボルステージ」。展示場として会場に並ぶコンテナを利用したステージで、ライブハウスのような臨場感でライブを楽しめる「ミュージックコンテナ」。sprayデザインによる芝生上のミニステージで、まさに“ストリートライブ”といった空間をアコースティックな演奏で包み込む「アコースティックフィールド」の3ヵ所の野外特設ステージに加え、雨天でも演奏出来るようにとフードエリア内に設置された「テント内特設ステージ」の計4ヵ所で行われた「Music STREET LIVE」。広い会場内に展示された、若きクリエイターたちによるオブジェやデザイン、アート作品をまさに“Fes=お祭り”の様に楽しむ人々の話し声や笑い声、そして風や鳥の鳴き声といった自然の音に調和する音楽たち。会場を訪れるお客さんは、流れる音楽をBGMにアートを鑑賞したり、ゆっくり食事をしながら音楽に耳を傾けたり、真剣な表情でステージに没頭したりと、他のデザインやアート作品と同様、各々の楽しみ方で自然な形で「Street Live」の音楽に触れていた。
出演したミュージシャンたちも、最新鋭のアートに囲まれた、普段とは明らかに異なる環境に刺激を受け、ストリートさながらの臨場感を思い切り楽しみながら歌や演奏を披露。初めて見るミュージシャンの音楽に自然と体を揺らすお客さんに、音楽が人と人とを繋ぐ最高のコミュニケーションツールであることも再確認させられた。

「あいにくの天気で思うように進められなかったのが残念でしたが、TDWというクリエイティブな空間に、自然と何とはなしに音楽が聴こえてくるということだけでも、特別な時間を作れたんじゃないかと思います。ライブなので、音が止んだ時に無音の瞬間が訪れるのですが、それすら音楽に聴こえてくるというか。音楽が人と人の間に常に存在しているものなのだなぁということを再認識出来たことも、すごく良かったです」(亀田)
 「Music STREET LIVE」5日目となる11月4日(月・祝)はTDW最終日ということもあり、小雨がちらつくあいにくの天気ながら、朝からたくさんのお客さんで賑わった会場。テントから溢れるほどの観客を集める中で熱演を見せたアーティストたち。ラストは優しい音楽でお客さんの心を包み込んだkleeのアコースティックライブが、5日間に及ぶ「Street Live」を締めくくった。
「TDWに音楽を聴きに来たのではない人もたくさんいたと思うのですが、そんな人たちにも、未来の音楽シーンを担う音楽家たちの音楽を、なんとなくでも耳にしてもらえたことがすごくありがたいことですし、将来の可能性へと繋げることが出来たのではないかと思っています」(亀田)

ライター/フジジュン


※ マウスを写真の上に合わせるとアーティストのプロフィールが表示されます
台風・雨天によりタイムテーブルに変更がありました
いとおかし
本日トップバッターは「いとをかし」!お客さんのクラップとリアルタイムでコラボレーション♪
Civilian Skunk
CRAZY WEST MOUNTAIN
日比谷カタン
本日最後のアーティストです!「日比谷カタン」始まりました。独特な世界観で会場が包まれる…!
the mother's booth
Color Blind
大阪から参加の「Color Blind」です!雨でとても寒い中、暖まる歌声でした♪
カラシゴロシ
Menoz
ゆうなみとうささき
「ゆうなみとうささき」始まりました!柔らかな声で癒してくれています♪
歌う応援隊ヒトミリリィ
Acoustic Fieldのトップバッターは「歌う応援隊 ヒトミリリィ」青空の下で聞くポップて力強い歌声とアコースティックギターの音がお昼下がりにピッタリでした!
ギャスコイ
Music Container 1組目は「ギャスコイ」コンテナステージをトップバッターとして盛り上げてくれました♩2人組のパワフルなステージでした!
Quesera spunky roars
本日の1組目は「Quesera squnky roars」鳴り響くロックンロールがライブハウスに居るようでした!トップバッターに相応しい演奏でした!
Nomson Goodfield
Acoustic Field 「Nomson Goodfield」芝生の上で聴く包まれるような歌声が、心に染み渡りました♫
herber
Music Container「herber」気温が上昇する中、優しい歌声で会場を癒してくれています!
The Spoonie
Symbol Stage「The Spoonie」独特の世界観の中にある聴きやすいメロディーと歌声が耳に心地よく残りました♫
木村ハルヨ
Acoustic Field 「木村ハルヨ」快晴の空とマッチした楽器の音色。通りかかった人たちも皆さん立ち止まる程綺麗な演奏をしています♪♪
pertorika
Music Conainer 「pertorika」夕陽が沈む中、優しい歌声が風に心地よく乗ってきました!気温や風を感じながら聴くと更に世界観がましました♫
サルーキ=
Symbol Stage 「サルーキ=」だんだん寒くなってきましたが、寒さも吹き飛ぶような熱い演奏♪ 皆さん大盛り上がり!!
白波多カミン
Acoustic Field 「白波多カミン」透き通るような歌声でお客様を魅了していました。ついつい私も聴き入ってしっています♪
Blueglue
Music Container「Blueglue」 MusicContainerのトリを飾って頂きました!クールな3ピースバンド。とても情熱的なステージとなっています♪
Sissy
Symbol Stage「Sissy」本日最後の出演者となりました!甘い声とほんわかとした演奏で皆さんうっとりしています♪
岩波 慶
本日2番目は「岩波 慶」さん!甘いけれど力強い、そんな歌声にきっとみなさん癒されるでしょう!きっとこの雲も吹き飛ばしてくれるはず……☆
DENSHI JISION
Music Container1組目は白衣姿が印象的な「DENSHI JISION」パワフルな歌声と電子音が響く!思わず踊り出しそう!ハプニングもありユニークなステージでした♪
Gauche.
トップバッターを飾ってくれました「Gauche.」ピアノの旋律がとても綺麗で最後の曲では、syamとのコラボレーションも観せてくれました♪
石橋敬三
Acoustic Field 「石橋敬三」弾き方一つで色をかえる小さな楽器、マンドリン♪雨にも負けず可愛らしい音を聞かせてくれました♪
杏窪彌
台湾出身バンド「杏窪彌(アンアミン)」雨天の中、赤い傘をさして歌うMINさんの姿がとてもかわいいです!!メロディも一度聴いたら頭から離れない、中毒性のあるバンドです♫
Cure Rubbish
Symbol Stage「Cure Rubbish」雨で開始が遅れましたが、お客さんは手拍子でとても盛り上がってました!エネルギッシュで爽やかなメンバーのみなさんに、きっと心打たれますよ!
l'avion
屋外のステージは雨天のため中止になりましたが、フードエリアにて「l'avion」のライブ!!冷えた体に、ほっこりするような温かいサウンドがみなさんを和ませてくれるでしょう◎
中間正太
フードエリア2組目は「中間正太」包み込んでくれるような優しい歌声にうっとりしてしまいました♪あれ?雨も止んでくれたようです☆
SONALIO
フードエリア4組目は「SONALIO」突き抜けるハイトーンボイスと空間を意識したシンセサウンド!アコースティックバージョンはレアですよ~♪
syam
辺りがだいぶ暗くなり、フードエリアも3組目となりました!「syam」は甘く、どこか切ない歌声と独特な世界観で会場を魅了していました!
RAGOUT
フードエリアでのライブ、トリを飾るのは「RAGOUT」透き通るような優しい歌声にうっとりとしてしまいました。ぜひ4人でのライブが見てみたいです!!
N.Y & Bicycle
「N.Y&Bicycle(ニューヨークと自転車)」Vo.yamatoさんのハスキーなボイスと、お客さんも自然と手拍子しだすようなリズミカルなサウンド!会場も大にぎわいです!
LOVE
Day and Buffalo
本日のMusic STREET LIVEも終盤に近づいてきました!フードエリア6組目は「Day and Buffalo」独特な雰囲気と繊細な歌声に聴き入ってしまいました♪
千年パレード
Acoustic Field 1組目は「千年パレード」お客さんを巻き込むユニークなMC!ポップでグルーヴィーなサウンドに自然と子どもから大人まで踊り出していました♪
廻猫
Music Container1組目は「廻猫」パワフルで魂込もった歌声に圧巻!真っ直ぐな想いに等身大の彼らを感じました♪
KNOTFREE
本日一発目のライブは Symbol Stage「KNOTFREE」!おもしろいMCで会場を沸かせ、パワーをもらえる熱く力強いサウンドでした!ぜひ蒲田に行ってみたい!
たかだこういち
Acoustic Field 「たかだこういち」。普段のライブではあり得ないことも起きましたが(笑)、最後の"踏切"という曲はどこか懐かしいメロディで、お客さんの心を癒していました!
Riverside Creature
Music Container「Riverside Creature」ツインボーカルから圧倒される歌声に、多くのお客さんが歩いていた足を止め、最後まで聴き入っていました!!
MUGENLIFE
Symbol Stage 2組目は「MUGENLIFE」ジャズやラテンの要素を取り入れたサウンドは新しい可能性を感じさせる!唯一無二の世界観に吸い込まれそうでした♪
full full full
辺りが暗くなり、Acoustic Fieldにも灯りが。そんな中「full full full」のライブはお客さんの冷えた体を温めてくれるようなほっとするサウンドでした☆
Honey L Days
Music Container3組目は「Honey L Days」 甘く切ない歌声、でも力強さも持ち合わせている彼らについうっとり♪最後はお客さんと一緒に大合唱!
あっぱ
Symbol Stage3組目は「あっぱ」絶妙な間がなんとも言えない!自由でアクの強いメロディーと耳に残る歌詞が印象的でした♪
Call it anything
Acoustic Field、本日最後は「Call It Anything」会場を新たな空間へと導くエレクトロミュージック。子供の頃遊んだゲームから飛び出してきたサウンドには、ワクワクするはず♫
ぽわん
Music Container、最後は「ぽわん」セーラー服が印象的なガールズバンド。キュートでポップなメロディと女心をのせたどストレートな歌詞に、度肝を抜かれました!!!
堀 倉彰
Symbol Stage、本日ラストを飾るのは「堀 倉彰」。堀さんの奏でるピアノを中心に、メンバー、そしてお客さん全員で"音を楽しむ"。そんな言葉がぴったりな雰囲気でした!!
みかづき
雨天の為ステージが変更となりフードエリアでのライブとなった、1組目の「みかづき」透明感あるお二人の歌声とギターサウンドに、ついうっとりとしてしまいます……☆ おかげで外も晴れてきましたよ!!
RORO
フードエリア2組目はアコースティックおちゃめ楽団「RORO」普段は見れないトロンボーンとピアノのレアな編成。お昼時で賑わう会場をファンタジーな世界観で包み込んでいました♫
ポラリスカブ
MusicSTREETLIVE最終日。Symbol Stage一発目は「ポラリスカブ」爽やかなメロディにのせて力強く歌う哲平さんのキラキラした笑顔は、 会場全体にパワーを与えてくれました!!
伊藤祥平
力強い音楽でその場にいる方々を魅了した「伊藤祥平」ギターとかっこいい歌声でフードエリアにいるみなさんに、汗をかいてしまうのではないかと思うくらい熱いステージを魅せてくれました!!
清友彦
フードエリア4組目は「清友彦」独特のサウンドに心に残る優しい歌声にうっとりと聞き入ってしまいました♩
the unknown forecast
長岡亮介
すっと心に入ってくるメロディと歌声。フードエリア5組目は「長岡亮介」です!!お客さんの掛け声と素敵なライブでフードエリアかなり盛り上がっております!!!!
pique
Music Container 3組目の「pique(ピケ)」その美しく色っぽい歌声と演奏で会場を魅了。最後は雨にも負けず歌う姿に、傘をさしながらも足を止めて見入るお客さんが多くいました!!
VOLOMUSIKS
外もすっかり暗くなり、フードエリアにお洒落な音楽を届けております「VOLOMUSIKS」!!パワフルな音楽と声でがっと、みなさんの心を鷲掴みしてしまったのではないでしょうか☆
一戸(荒川ケンタウロス)
突然の雨に見舞われ体感温度もぐっと下がってきました…が!暖かみのあるメロディに笑顔で歌う姿が印象的な「一戸(いちのへ)」のライブでみなさん暖かくなりました♩
GLIM SPANKY
「GLIM SPANKY」レミさんのハスキーボイスは一度聴いたら忘れない。本当にかっこいいんです!終わったあとも拍手が鳴り止みませんでした!
イツエ
アサトアキラ(from 泣いてばっかのヒルギ)
「アサトアキラ(from 泣いてばっかのヒルギ)」。ついリズムを刻みたくなるような軽快なメロディ!お客さんの冷えた体を温めてくれる、心地よいメロディでした!
klee
ラストを飾るのは「klee」のyumiさん。可愛らしいyumiさんから放たれる、とても優しい音楽。ご飯を食べながら見入ってしまう人が多かったです♩
企画制作 亀恩LLC
公式Twitter @kameon_pj
協力サイト
Frekul
http://frekul.com/
ステージデザイン(Acoustic Field)
浅野元樹 / spray
http://www.spray-spray.com